b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s - コピー - コピー

 

永久脱毛という魅力的な響きに心惹かれている方も多いのでは?

 

こまめなお手入れから解放され、自信を持って洋服やビキニを着られる快適さは確かにすぐにでも始めたい自己投資とも言えます。

 

ただし、人が生活していて自然に生えてくる毛という存在そのものを人工的に無くすという行為には、少なからずデメリットもあります。

 

ここでは永久脱毛で起こりうるデメリットや副作用についてご紹介します。

永久脱毛を始める前に、ご一読を!

 

永久脱毛の皮膚へかかる負担

fbf4a84a96cb07f0bb91b3ecb9f29ce6_s - コピー - コピー

 

脱毛力が高い方法は負担もある

永久脱毛は医療機関である脱毛クリニックのレーザー照射により行うことができます。

同じく医療分野のニードル脱毛も永久脱毛と言えますが、最近では前者の方が多く見かけます。

 

レーザー脱毛は強い光を当てて皮膚の下の毛根の組織を破壊するので脱毛自体が肌の負担になっているのは事実です。

 

そして、高い出力で照射するほど脱毛効果は高いのですが、痛みを感じやすく肌自体にも負担がかかります。

 

また、脱毛の光はメラニン色素の濃い部分に反応するので、身体の部位(ほくろ、シミ、乳首、陰部など)によっては脱毛を断られるケースがあります。

 

それくらい肌に対する刺激が強いので、肌表面の乾燥や、赤み、最悪の場合は火傷につながることもあるのです。

 

レーザー脱毛に比べてフラッシュ脱毛は痛みが少なく広範囲で照射できるのが魅力ですが、実際はレーザー脱毛と原理は同じなので大なり小なり肌への負担はあると言えます。

 

負担によって起こる症状

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s - コピー - コピー

 

腫れと赤み、火傷の可能性も

永久脱毛ができるレーザー脱毛によって、施術後に肌表面が赤く腫れあがるケースがあります。

 

既述の通り、強い光が皮膚を通過して下にある毛根組織を攻撃するので、肌そのものへの影響も大きく、適切な出力レベルの調整と、照射後はすぐに冷却するなど施術側にも技術を要します。

 

ほとんどの場合は数時間、長く数日で治まります。

それでも腫れや赤みが長引くときはクリニックに相談して鎮静効果のあるジェルや軟膏などを処方してもらいましょう。

 

場合によっては火傷を疑われることもあるので、明らかに様子がおかしいと感じたら施術中でもすぐに中断してもらい、痛みの状態を報告しましょう。

 

薬を処方してもらい、その部位の脱毛は次回まで延期し、他の部分への照射も出力レベルを下げてもらうなど、何らかの措置をとってもらえます。

 

放置すると肌の回復が遅れたり、痒みによるかき壊し、ケロイド状に跡がのこってしまうなど、悪化しかねません。

 

ただし、多くのクリニック、サロンでは照射箇所に保湿ジェル、日焼け止めクリームを使用するなど防止策をとっているので火傷の症例はそこまで多く見られません。

 

乾燥

日焼けをすると肌が乾燥するというのは有名な話ですが、脱毛においてもそれが言えます。

 

浴びる光の種類は違えど、高熱を肌に浴びせることになるので皮膚に負担がかかり、その後の症状のひとつとして乾燥があげられます。

 

脱毛クリニックでは照射、冷却のあとにアフターケアとして保湿ジェルを塗ってくれますが、帰宅後もぜひセルフケアをしましょう。

 

照射した箇所につっぱりを感じたりピリピリとしたムズ痒さを感じるようならご注意を、乾燥のサインです。

 

化粧水、ジェルなど揮発性の高いものに加え、保湿力が高いクリームもプラスするなど乾燥対策を徹底することで緩和できます。

 

また、脱毛後は日焼けを避け、サウナや高温の入浴を避けるなど肌へのダメージを極力少なくしましょう。

 

毛嚢炎(ニキビ)

レーザー脱毛をした後にポツポツと白ニキビのようなものができる場合があります。

 

これは、脱毛時に傷ついてしまった毛穴から毛根を包む「毛包」にブドウ球菌という細菌が入り込み炎症を起こしている状態です。

 

これを防ぐには脱毛カ所を極力清潔に保つことです。

また疲れが溜まっているなど抵抗力が低下している時にできやすいので、脱毛を受ける前後はコンディションを整えておきましょう。

 

永久脱毛の料金の問題

675e69987b60a5fae388665ed031e41d_s - コピー

 

狭い部位なら3万円以下から

効果が高い分、料金も高額なイメージを持つ脱毛クリニックですが最近ではそこまでではないようです。

例えば、狭い範囲なら5回で2~3万円以下で永久脱毛できるなどグッと身近になりました。

通う回数も効果が高いレーザー脱毛なので少な目なのが嬉しいですね。

 

ただ、脚全体など広範囲になると8~10万円台にグッと上がります。

セット価格を設定するなど、クリニックごとの企画の違いはあります。

 

クリニックの実績と設定料金を見極める

本題であげたように、デメリットや副作用が否定できないので末端の金額だけでは決めきれないのが難しいところです。

 

料金は高めだけれど高い照射力で脱毛効果を出し、早期に完了することを強みにしているクリニックもあれば、冷却ガスを使用してなるべく痛みを感じさせないことを売りにしているところもあり、ひと口に脱毛クリニックと言っても特徴も料金も様々です。

 

例えば、敏感肌だったり痛みに自信がない人は効果の早さをうたうクリニックよりも、施術方法に工夫が見られたりアフターケアに強みがみられるところを選ぶと安心です。

 

場合によっては数万円単位の差が出てしまうかもしれませんが、自分に合わないクリニックを選んだことで肌にトラブルを抱えてしまう方がリスクです。

 

いずれにせよ、各クリニックの情報収集がキーになりそうですね!